為替レートの円安と円高

ニュースを見ていると、為替レートの情報と共に円安、円高という言いまわしがあります。円安とか円高とは、どのような状態をいうのでしょうか。円安というのは円の価値が下がっていることを意味しています。1ドルが80円に相当していた頃なら、80円で1ドル相当のキャンディが買えます。これが円安になると、90円出してキャンディを買います。このような形で為替が変わった時は、円安になったといいます。日本とアメリカ間の輸出は、円安になると輸出量が増えます。アメリカで日本製品が買いやすくなるためです。一方、日本ではアメリカから輸入した商品の価格が上がります。結果的にアメリカからの輸入品が少なくなります。円高とは、円の価値が他国通貨と比べて高くなる状態です。1ドル100円だったものが、1ドル95円になったというような場合は、円高です。円高になると日本にお金が集まることになります。円高とき、日本国内の株や債券を求める人が増えている状態です。もしも、日本の株をアメリカドルで買うとします。円相場が円高になれば、株相場の動きだけでなく、為替レートの動きで利益がふえるのです。外国の投資家で、日本の株や債券を買う人は大勢いますが、それらの人達にとっては為替相場の値動きも重要になっています。円高、円安それぞれの経済的な意味と、円の為替変動について知っておくことは、為替投資をする上では非常に大事なことです。オーディオ買取屋