レーザーによるヒゲ脱毛方法の注意点

エステや皮膚科で行われるヒゲ脱毛には複数の方法があり、それぞれ長所と短所とがあります。ここでは、レーザーによる脱毛方法の注意点について説明しましょう。

あまり時間をかけずに脱毛ができること、痛みがわずかで針脱毛のような激痛が走らないことが、レーザー脱毛が多くの人の好まれている理由になります。レーザーを用いたヒゲ脱毛で、デメリットと呼ばれるものは何でしょう。もしもヒゲのレーザー脱毛をする場合は、レーザーの照射される顔の皮膚のダメージを軽減する必要があります。手や足より、ヒゲ脱毛のほうが、やけど痕が残ったり、腫れが起きやすくなります。ヒゲは、腕や足の体毛と比較しても毛根が深層にあり、ヒゲは高密度に生えているために、レーザーの熱が集中しやすい状態になります。レーザーの熱が皮膚内にたまって高温になり、やけどの症状が起こる場合があります。レーザーによる脱毛で肌がやけど等のダメージを負ってしまった場合は、医療機関に見せるなどして、手当を受けましょう。レーザーを照射した場所がやけどのような腫れや赤みが残った場合、早い段階で手当を施さなければ、皮膚に痕跡が残されてしまう可能性があります。ヒゲの脱毛にレーザーを用いた場合、施術のすぐ後は特に問題がなくても、だんだんと皮膚が赤く腫れてきたり、赤みが強くなってくるという可能性もあります。ヒゲ脱毛を行った後は、しばらくの間は皮膚をいたわり、様子を見るようにすることです。
ハリシュ 効果