クレジットカードの還元率とマイルについて

クレジットカードの利用額に応じてマイルがたまるサービスを活用する場合、まず、還元率が何%になっているかが重要です。幾らの買い物をすると、どのくらいのマイルが貯まるクレジットカードなのかはカードごとに違いますので、そこを重視してカードを選びます。ポイントの仕組みはクレジットカード会社によって異なるので、カード利用金額に対していったいいくら分のお金になるのか計算することで比較ができます。そのカードを使うことで、何マイル分相当のポイントが入るかがわかれば、お得なカードかどうかの判断ができます。このことから還元というのは、いくら手元に戻ってくるかという意味で使われている言葉です。最近は、0.5%の還元率でポイントが入るクレジットカードが一般的です。0.5%の還元率がついているクレジットカードで2000円分の買い物をした時に、1ポイント1円のポイントが10ポイントつくわけです。もしも、ギフトカードや、支払いの割引にポイントを使うなら、いくら相当のポイントがもらえたかがわかりやすいので、還元率がよくわかります。通常は問題ないのですが、航空会社のマイルに交換する場合は、このような分かりやすい仕組みになっていません。マイルの場合、どんなふうにマイルを使うかで、得られる価値相当のサービスは違っていますので、一概に価値がどうということはできません。マイルに交換する場合には便宜的に1マイルを1円相当と考えて、単純計算されて比較されることが多いのです。クレジットカードの換金率を0.5%にそろえて考える時には、クレジットカードを使った時に入るマイルはを5マイル=1円という前提で考えることができます。ビタミンc 化粧水