使用目的により開発されたサプリメントの形状

サプリメントの形状では、健康食品の分野では有効成分がカプセルに入ったタイプがよく売られています。もともと薬品用に開発されたものであったとされています。以前はサプリメントの形状は粒状のタイプが主流でした。カプセルで密封することで品質の劣化や変質を防ぐことができます。従来の粉タイプでは、湿気の影響を受けるなどのデメリットがありました。必要な栄養素を効率よく摂取できる形状にになったと言えるのではないでしょうか。カプセルの原材料はゼラチンであり、両端に丸みを帯びた円筒形のものが大半です。使い方や中に入れる成分によって、サイズや形状などを適切なものに変えることができます。カプセルは、化粧品の容れ物として使われていることがあり、使い切りの化粧水や美容液などが販売されています。形状がカプセルのサプリメントは、大別してソフトカプセルには液体が、ハードカプセルには粉が入っている傾向があります。馴染みのあるサプリメントとして、金茶色でだえんの形状のビタミンEのカプセルがありました。サプリメントの定番としてビタミンCサプリメントが人気ですが、かつてのチュアブルタイプから酸味を感じずにすむハードカプセルタイプが増加しています。カプセルのビタミンCサプリメントが登場したことで、酸っぱい味が苦手なためビタミンCが長続きしなかったという人でも扱いやすくなったようです。最近ではマルチビタミンやアミノ酸などが手軽に取れるゼリーなどのサプリメントも人気が高いようです。サプリメントの形状も日々進化していると言えるのではないでしょうか。デトランスα 敏感肌