妊娠線ができやすいタイプ

新しい家族が増えることは嬉しいけれど、妊娠に伴う悩みの一つが妊娠線ではないでしょうか。

妊娠線の原因は、体重の急激な増加に伴う体型変化や副腎皮質ホルモンの分泌量が増えることが挙げられます。約7割の人に発生すると言われる妊娠線、その中でもできやすいタイプの方がおり、まず挙げられるのが小柄で痩せている人です。このタイプの方は皮膚面積が小さいため、胎児が成長するにつれ皮膚が大きく引き伸ばされます。そのため、他のタイプの方に比べて体型変化の影響を受けやすいのです。一度出産を経験している経産婦の方も妊娠線ができやすいと言えるでしょう。出産を経験しているのにと驚かれるかもしれませんが、二度目の場合には子宮や皮膚が伸びやすい状態になっています。そのため初めての出産時よりもお腹が大きくなる、つまり皮膚が伸びるスピードが速くなり妊娠線ができやすくなる訳です。多胎妊娠も妊娠線ができやすいタイプ。双子以上の場合、単胎妊娠と比べてもより一層お腹の皮膚が伸ばされるため妊娠線ができやすいと言えます。先に痩せている方に妊娠線ができやすいと述べましたが、ふくよかな皮下脂肪の多い方も妊娠線ができやすいタイプです。皮下脂肪は弾力性が乏しいため、皮膚の伸びに対応しきれず妊娠線を発生しやすくなるのです。また、高齢出産の場合も加齢により皮膚の弾力性が落ちているため同じことが言えるでしょう。
キラリボーテは市販されている!?お得に購入できるのは?